« 格子を通して光が | トップページ | 古枕木のメリットデメリット »

2016年5月20日 (金)

30年、腐らない木を使ってデッキを。

只今、K様邸に木材を使ってデッキを工事させて頂いています。

通常は、レッドシダー、杉材などを使ってデッキを施工するのですが、

コストは安くて良いのですが、

たぶん、毎年、塗らないと腐食が始まってしまいます。

そこで、耐用年数が約30年と言われる木材、マニルカラ材を使って

K様邸はデッキを施工。

このマニルカラ材。

と~っても重いです。

鉄か?

って思うほど、密度があります。

なので、加工も大変。

ビスを打ち込むのも、一端、キリで穴をあけ、

そしてビスを入れて行きます。

ビスも通常の十字穴タイプのビスだと、

頭をなめてしまうので、

四角のレンチで打ち込むような形状のビスを使って施工します。

虫食いにも強いので、いい材木です。

ちなみに、この木材で家を建てたら、

すんごい頑丈な家になるんじゃないかって

思ってしまいます。(笑)

Dsc_1116

|

« 格子を通して光が | トップページ | 古枕木のメリットデメリット »

外構のポイント・アクセント」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 30年、腐らない木を使ってデッキを。:

« 格子を通して光が | トップページ | 古枕木のメリットデメリット »